読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2つ目の脳みそ

私の私による私のためのブログ

ボケ防止

新たなXデーは5月1日

充電…つまりはグループでの活動休止。


正直なところショックと言えばショックだし、やっぱりなと言えばやっぱりなって感じ。

田口が脱退を発表した時点で活動休止、さらには解散もありえる状況にいて覚悟は決めていたから。


それよりツアー発表があった日、友達と

「このコンサートを区切りに充電期間に入りますとか言い出しそうで怖い。」

「デビュー以来充電ばっかりで放電せずに10年経ったしw」

「それもう漏電してるwww」

ってLINEしてたからもう戦慄した。

ブラックジョークが過ぎた。笑


ただこの状況で落ち着いていられるのは3人が解散ではないと明言したことと、それを明るく話してくれたことが大きい。でなきゃさっきのブラックジョークを一生悔やんで生きて行くところだった。

ありがとうKAT-TUN!(●ッキー的な)


私は今までメンバーの脱退発表があった当日のコンサートも入ったし、自担は知らないうちに解雇されていた。そして来月またメンバーが減る。

そんな荒波ばかりのヲタク人生においてKAT-TUNは一旦休みますが3人はこれから個々に頑張りますっていう話はわりとポジティブなニュースに入る。(それもどうなのw)


だから今だってKAT-TUNの充電よりも田口の脱退の方が不安で、5/1が来ることより3/31が来ることの方が怖い。


それにここ数ヶ月KAT-TUNのファンはずっとピリピリしてる。気持ちが不安定な者同士だから衝突しやすい。

そんなファンよりずっと長い間KAT-TUNは気を張っていただろう。プレッシャーもあっただろうし、あっちこっちで頭下げて、話し合って、必死に自分達を奮い立たせながら奔走してたんだと思う。相当疲れていると思う。

だからこの辺で本当に充電するのもいいんじゃないかと思う。わざわざ充電って言葉を使ってるんだからそれこそ活動を止めるんじゃなくてやりたいことやってリフレッシュしたらいい。

ソロ活動最高〜俺も辞ーめたっ\(^o^)/ってなったらぶん殴るけど。

パリでバカンスするも良し、週5でジム通うも良し、サバゲーしながら山籠りするも良し。女抱きたきゃ抱けよ!!ただし文春には気を付けろ!!整形だけはするな!!すぐバレるから!!



詳細は昨日のシューイチで中丸から説明があって期間は決まっていないけど1〜2年という話は出ていると言われた。

ファンは待てると思う。私ももう覚悟は決めているし、KAT-TUNがそう決めたなら納得するまで休んで、もう十分だと思うならすぐに戻って来たっていい。

ただ、一般の人々にとって正直2年は長すぎる。2年間グループ活動がないと一般の人々は忘れてしまうと思う。恐らく今KAT-TUNが持ってる番組は終わるので、それは広く知ってもらえるチャンスが無くなるということ。CDのリリースが無ければKAT-TUNを好きになってもらえるチャンスが無くなるということ。

そしてコンサートがないということ。KAT-TUNはライブ演出で新しいファンを作ることができる人達だと思っているのでその強味が使えないのはかなり苦しいと思う。KAT-TUNを知り、好きになってくれた人をファンにするチャンスが無くなるということ。

いよいよメンバー全員30代のグループが長いブランクを経て再起するって並大抵のことではできない。大人の色気は出てもやっぱりじじいはじじいだよ。


だからこそこの充電期間を有効に使わないと活動再開することも厳しくなるんじゃないかと思う。

脱退者3人も出して今度は大丈夫なんて誰も信じてくれない。だからこの期間でそれぞれ身をもって示すしかないと思う。

本当に今、KAT-TUNは試されている立場。

未来のためにできることを今からやっていかなくては行けない。





ここからは個々の力を伸ばすために、KAT-TUNへ勧める個人活動の提案。ていうか単に私がやって欲しいだけ(笑)


たちゃんは絶対絶対絶対まうぴをやるべき。セルフプロデュースの才能がKAT-TUN1長けている上田竜也の作り出すソロコンの世界観ってKAT-TUNコンとは一味違う面白さがあるし、曲のクオリティーも高い。

上田竜也のこと金髪の筋肉バカだと思ってたら大間違いだから!!!ああ見えてピアノ弾けるお坊っちゃまだから!!!作詞作曲できるんだから!!!字は下手だけど!!!

グッズだって耳かきとかハズレばっか出るストラップとか独特のセンスが光ってるよ。

今まで2回ソロコンの経験もあって曲のストックだってあるんだからCD出してもいいじゃない!!金は出す!!!!


ディクテーターを歌ってくれぇぇぇええええええ



中丸は絵本作家になろう。中ぺやシューイチでは中丸のイラストけっこう使われるけどあの独特のキャラクター達はもっと広く知られるべきである。


中丸が先日のMステでタモさんに送ったイラスト。

f:id:mariadx:20160215045427j:plain


空がKAT-TUNカラー(泣)

山がOXYカラー(泣)

4人をモチーフにしたキャラクター(泣)

田口と亀の足の色がOXYカラー(号泣)

イラストを通してファンへの優しさを見せてくれる中丸。その優しさの矛先を子供達に変えて、ほっこりもっこりな中丸ワールド全開の絵本を作ってくれー。



亀はパソコン教室にでも通ったらどうだろうか?

ここ数年どころか、ごくせん辺りからずーーーーっと休みなく働いて1つの仕事が終わる頃にはもう次の仕事が始まってるような生活。これからもそんな生活が続いたとして亀は立派にこなすだろうけど、1つの仕事をゆっくり振り返ることなんて今までできなかったと思うから少し仕事のペースを落として向き合う時間を作ってもいいかも。

あと、この現代社会において亀のアナログ人間ぶりはかなり重症なので空いた時間でデジタル化をはかってほしい。

もう二度とドライバー片手にパソコン解体することがないように…。






頼むぞKAT-TUN

3度目の正直見せてくれ。

私達はもうやるしかない。