2つ目の脳みそ

私の私による私のためのブログ

ボケ防止

アイドルやめますか?人間やめますか?

令和最初の記事がまさかこんな話になるなんてね。


「10年後、きっと6人で笑って話せる日が来る」


私がファンでいることの意味。壮大すぎる願い。これが叶うなら私は何だってするし、どんなことにも耐えられたと思う。これまでだって、叶う可能性は限りなく低いものだった。

でも今はその限りなく低い可能性すら無くなった。まさか最後の引き金を自分の大切な人が引くなんて思わなかったな…。






今回のニュースを見た人はどう思ったんだろう?まさか田口くんがやるわけないよって驚いたのかな?いつもニコニコしててさわやかな田口くんが…って失望したかな?


悲しいことに、私はまさか田口が…とは思えなかった。

やっぱり…とか結局こうなったか…って気持ちの方が大きかった。


田口と小嶺の関係を知ったのはもう10年以上前。

当時から小嶺の好感度は0で何回別れろって言ったかわからない。ずっとうんこみねってファンに呼ばれてた。およそアイドルの彼女とは思えない態度にも腹は立ったけど、それを理由に別れろって言ってるファンはごく一部だったと思う。そんなことより小嶺の周りにある良くない噂に田口が巻き込まれることを心配していたんだよ。少なくとも私の周りはみんなそうだった。ファンの声が届くわけないとわかっていながら早く別れろ、うんこを流せって10000回は言ったね。言わずにはいられなかった。

タクシーでイチャついてるとこ撮られたり、だっっっさい服で旅行に行ったり、フライデー読んでるとこフライデーされたり、ホームステイみたいな室内写真が流出したり。こんなギャグみたいな話もあればギャグで済まない話も多々あった。

ハワイ旅行から金髪になって帰ってきた時、不審に思った人たくさんいたと思う。似合わない服を着るようになって、これまで付き合いのなかった人と仲よさそうにして、変わっていく田口の姿を見ているしかなかった。


今も昔も小嶺のこと大っ嫌いだけど、今さら関係を断つことも無理だってことはわかってた。もう田口もソロになったし、ただただ静かにしてくれるならって2人の関係は半ば諦めていた。

でも今回みたいなことが起きたら話は別。

本当にどれだけの人に迷惑をかけて、失望させたんだろう。

何が始まりかわからないけど、小嶺と出会わなければ今でもアイドルでいたかもしれない、ソロ活動ももっとうまく行っていたかもしれない、何より大麻になんて手を出さなかったかもしれない。言いたいことがとめどなく溢れてくる。

この期に及んで「大麻は私1人のものです」だって。それは田口かばってるつもりなの?「彼の収入がなくなったらどうするんですか?」って記者に喧嘩売ってた頃と何も変わってない。最後までダッサい女。


だけど私がここで小嶺を叩いても何1つ世界は変わらない。

というか、田口のことに関してはすべて田口の責任。小嶺を選んだのも田口。アイドルをやめたのも田口。大麻をやったのも田口。全部田口がやったこと。この結果に至るまできっとやり直すタイミングは何回もあった。自分の交友関係も生活習慣も見直したり正したりするタイミングは何回も何回もあったはず。こんなことで名前出したくないけど、聖の時に何も思わなかったの?やめようと思ったけどやめられなかった?それとも自分は大丈夫だって思ってた?

どちらにしろすべての選択をしてきたのは田口本人に他ならない。だからこそこうしてる間にも悔しくて涙が出るし、腹が立って体が震える。


こんなこと言ったらダメだけど、例えば私と田口2人きりの世界なら大麻やろうとなんだろうと全然気にしないよ。でも日本にいる限りそれは無理なことだ。まして芸能人でいるなら到底許されない。表に出る面は特に、人並み以上に正しくないと生き残ることはできない時代だから。それができないなら一生バレないように一瞬の隙も見せてはいけないと思う。隙だらけで、情けなくて、笑えてくるね。だから手出しちゃいけないんだよ。


「◯◯がまたこの世界に戻ってくるならまた応援する」

私は過去に何度かこの言葉を使う機会があった。それはどんな時もこの言葉を向ける相手が芸能界というステージで、アイドルという形でなくても輝く姿が見たいと思ったから。

だけど、今の田口には言えない。今までと変わらない姿なら見たいとすら思わない。


過去に私がこの目で見てきた田口こそ本物の田口だし、その裏で長年罪を犯してきたのも本物の田口。ただそれだけ。だから裏切られたとか信じてたのにとか今までかけた時間とお金を返せとかも思わない。だって私が見ていた田口は最高だったもん。それだけに中途半端な状態なら戻ってこなくていいと思ってしまう。

良くも悪くも過去は変わらない。

でも未来は変わる。変わってしまうものであり、変えられるものでもある。そう思いたい。最後になるかもしれないこのチャンスでも、今までのように周りの声に耳を貸さずにこれからも生きていく?


アイドルやめますか?


私はこれ以上大きな選択が田口淳之介の人生にあるとは思わなかった。


人間やめますか?


一歩間違ったらこのレベルに向かうってわかってるのかな?たかが大麻、されど大麻だよ。今回のことで今まで協力してくれてた人の大半はいなくなると思う。そのかわり誘惑の手は今まで以上に伸びて来る。そこに紛れる数少ない救いの手をちゃんと見抜く力ある?周りの力を借りようという気持ちある?

今までみたいに自分にいいことを言う人達の声だけ聞いてたら人間が終わる。少なくとも社会的には死んでしまう。だからまたステージに戻ってきてほしいとか言う前に、ちゃんと自分が生きていくために何をすることが最優先なのかそれだけを考えてほしい。


小嶺にしろ大麻にしろ10年も付き合ってきたものを完全に切るって難しいよ。同じくらいの時間、田口を応援してきた私は身をもって実感してる。愚かだなと思いながらもこうして考え続けているんだから。


せめて私の目に入るものはこれからも綺麗なものでありますように。

このラストチャンスが無駄になりませんように。


かなりスケールの小さくなった今の私の願い。